Vol.12SASAWASHIで夏の悩み解消

8月に入り、本格的な夏を迎えました。ささ和紙は通年快適にお使いいただける素材ですが、なんと言っても夏が最も心地良さを実感できる季節でもあります。
夏の悩みとして「汗をよくかくので大変」「冷え性で夏でもすぐに体が冷えてしまう」「夏の強い日差しが心配」などを挙げられる方が多いです。そこで今回は、本格的な暑さを迎えるにあたり、夏の悩みである「汗」「冷房冷え」「紫外線」対策というくくりで、ささ和紙のオススメポイントとアイテムをご紹介します。

夏の汗対策には

オススメポイント

気温と湿度が高くなる夏はもっとも汗をかき、かいた汗をしっかり繊維に吸収できないと、肌に後戻りしてべたついたり、ムレて不快になります。
ささ和紙は綿や麻にくらべて吸水力が強いだけでなく、吸収した水分を肌に戻しにくいのが特長。汗をたっぷりかいても肌にべたつくことなくつねにサラサラです。(下図)クマザサの力でにおい出すこともなく、清潔、爽やかなのも嬉しい機能です。

シーツ/ピロケース

かいた汗をしっかり吸収できず、背中や頭に熱や湿気がこもると、寝苦しくなり、寝返りを打つ回数が増えて熟睡できなくなります。
ささ和紙シーツに代えたら、朝まで熟睡できるようになったとの声も。梅雨に入りジメジメしてくると「本当にココチ良い素材で眠りたい」ということでシーツを購入される方が増えてきます。この時期だからこそ、オススメするアイテムです。

Tシャツ/レディスTシャツ

汗をかいてもサラサラでべたつきませんので、今の季節にうってつけ。
ささ和紙の力で紫外線もしっかり防いでくれますので、これ一枚で外出時も安心。Tシャツは夏のおやすみ用やリラックスウェアとして購入される方もいらっしゃいます。

5本指靴下

ささ和紙靴下の中でも5本指タイプは特に汗による足ムレ対策に最適。
「他の素材の5本指も使ってみたけど、ささ和紙がやっぱり一番!」という嬉しいお声もたくさん頂戴しております。

ハンカチ

汗や水をたっぷり吸い取ってくれるだけでなく、あぶら取り効果もあり、使い心地はサラサラ。汗っかきの人やスポーツ時には、タオルハンカチがオススメです。

夏の冷え対策には

オススメポイント

日ごろの運動不足やダイエットなどで、体のエネルギーが代謝不足になり、現代人は低体温の人が増えているそうです。加えて、夏はエアコンの影響や冷たい物の摂取などで、夏に冷えを訴える方が増えています。
断熱素材でもある和紙は外からの冷えを遮断し、自分の体温で適度に保温してくれます。汗を吸ってもムレないので、夏の冷え対策に最適です。

おやすみ手袋

体の末端にある手足は熱が逃げやすいので、体が冷えてくると体温低下を防ぐために手足が冷えてきます。また、更年期障害で体はほてるのに手足はいつも冷たいという方も。手足の冷えは眠りを浅くし、安眠を妨げがちです。
おやすみ手袋を就寝時に着用することで、エアコンや寝冷えによる手の冷えを防いでくれます。手を保護することで、手肌の乾燥も防いでくれます。

リブ靴下/5本指テーパーソックス

おやすみ時やお部屋で過ごす時の足の冷え対策には、足首までしっかり保護できるリブ靴下がオススメ。レディス5本指だとハーフ丈タイプが足首まで保護でき冷え対策に適しています。

夏の紫外線対策には

オススメポイント

紫外線がもっとも強くなるこの季節は、気温も高く汗もよくかくので、春に買った紫外線対策アイテムを身につけても、暑くてムレてどうしても外してしまいがち。
断熱性、通気性に優れ、汗もよく吸ってくれるささ和紙なら炎天下でも快適。もちろん紫外線カット力は抜群です。

帽子

和紙の断熱性で日射熱を遮り、被ると涼しくも感じられます。汗をかいてもムレないので夏の帽子としてうってつけ。
紫外線カット力は99%で申し分ありません。シンプルなデザインは用途を選ばす、お散歩やガーデニングにも重宝します。

アームカバー/アームカバーショート

以前に購入いただいた方からの口コミで買いに来る人が続出のアームカバー。
リピーターの方の「長袖や7分袖用の短いのもほしい」というリクエストにお答えして発売したショート丈も好評です。

ストール

紫外線対策はもちろん、夏の冷房による首元の冷え予防にもよいストール。リブ編みのざっくりとした素材感は秋以降も合わせやすく、いろんな場面で活躍してくれます。