Vol.07正しいお手入れ方法

日頃SASAWASHIをご愛用のお客さまからお手入れに関するご質問を受けることがあります。そこで、今回はお手入れに関することでご注意いただきたいことや特にお伝えしておきたいことを特集します。

共通のお手入れ方法

1.漂白剤や漂白剤入りの洗剤は避け、洗濯ネットを使用

漂白剤および漂白剤入り洗剤のご使用はお避け下さい。漂白剤は汚れを分解しますが、同時に繊維自体も影響を受けて傷んでしまいます。洗濯の際は、洗うもののダメージを抑えるために、洗濯ネットをご使用ください。当社では、中性洗剤のご使用をおすすめしております。

2.汚れたらこまめに洗濯

汗や脂分はそのまま放置されますと、酸化して繊維を傷める原因になりますので、汚れたら都度お洗濯ください。

3.色移りしやすい為、色物とは別に洗濯

ささ和紙は吸収力に優れた繊維ですので、色移りに注意が必要です。特に、白のタオル類は色移りが目立ちやすいので他の色物とは別にお洗濯ください。

4.乾燥機は基本使用できない

シーツやまくらカバーなどのカバーリング類以外は、乾燥機のご使用は出来ません。脱水後は日陰干しください。洗濯時には綿の約2倍もの水を吸水しますので、乾くのに少し時間がかかります。出来るだけ風通しの良い場所で乾かせてください。

5.しわは霧吹きでしめらせると取れる

しわの部分は霧吹き等でしめらせてあげると、簡単に取れます。同様にアイロンをかける場合は、スチームをかけながらおこなってください。

お品物別の手入れ方法

帽子のメンテナンスについて

1.はじめに:汗取りテープの汚れが目立つ場合は、汚れが目立つ部分に洗剤を塗り込んでください。

2.やさしく押し洗い:中性洗剤の溶液で、やさしく押し洗い。形を崩さないで水にくぐらす程度で洗ってください。すすぎも同様です。*揉みこんだりすると縮みや型崩れを起こしますので、ご注意ください。

3.水気を吸い取る:タオルで軽くたたいて、水気を吸い取ってください。*脱水機はご使用いただけません。

4.形を整える:洗濯後は多少縮んでいます。全体的に引き伸ばしながら、形を整えていくのがポイントです。かぶりの部分も押し広げるように形を整えます。

5.平干しする:形が整ったら、風通しの良い日陰で平干しください。

【ハリがなくなってきたら】
ご使用や水洗いで柔らかくなってきた手編み帽子は洗濯のりを使うと、少しハリ感が回復します。液に浸け込んだ後、水洗いの③~⑤を行ってください。天然糊よりもキーピングのような合成のりの方が効果的です。また、濃いめの液に浸けるのがポイントです。

【使用後のケア】
汗などは固く絞った濡れタオルで叩き出すようにふき取ってください。ファンデーション汚れはメイク落としのシートでふき取ると、ある程度きれいになります。

ボディタオル/洗顔タオルのお手入れ方法

ボディタオルの匂いが気になる時
ボディタオル/洗顔タオルは、製造上パイル部分の和紙糸と地糸の綿糸で構成されています。メッシュタイプも綿が入っています。すすぎが不十分だったり、湿ったまま放置すると、綿の部分に雑菌が付きにおい出すことがございます。特に、梅雨時期や夏場、換気の悪い浴室は注意が必要です。使用後はしっかりすすいで、風通しの良い場所で乾かせてください。においが気になる時は、洗濯機で洗って、十分に乾かせてください。

取り扱いについて
パイルを引っかけやすいので必ずネットに入れてお洗濯下さい。とても吸水力が強いので、色物と一緒にお洗濯すると、色移りします。色物とは別にお洗濯ください。飛び出たパイルは、そのまま放置すると余計に引っかけやすくなりますので早めに先端をカットしてくださることをおススメします。

使用期間
使用期間についての質問はよくいただきます。使用方法や頻度によって一概に言えないですが、毎日の使用で3か月程度での交換をおすすめしています。パイルがすり減ってきて、あぶらとり、垢とり効果が発揮できなくなるからです。中には2年以上お使いの方がいらっしゃいますが、見せていただくとパイルがほとんどありません。お早めに交換してください。

新品のタオルにはこれだけパイルがあります。お手元のタオルなどのパイルが残ってますか?

バスマットのお手入れ方法

バスマットの洗濯事故で多いのは、裏のすべり止め樹脂の剥離。原因はネットに入れていないケースがほとんどです。ネットに入れないと洗濯槽の中で擦れて、剥がれやすくなります。必ずネットをご使用ください。また、すべり止め樹脂が傷みますので、床暖房の上ではご使用にならないでください。

※ネットに入れる際は、滑り止めの付いている裏を内側にたたんでください。

室内履きのお手入れ方法

室内履きは洗濯機で洗えます。洗濯方法は、手洗い並みの洗い方「弱水流」「ネット使用」そして「単独洗い」でお願いします。脱水後は甲部分にプラスチックの部材を入れて乾かせますと、かたちを整えることができます。

購入時に甲に入ってる部材は一般的にはボール紙ですが、ササワシはプラスチック製を採用。
捨てずに活用ください。

 靴下にすぐ穴があくという方は

ご愛用者さまの中には「ささ和紙の靴下は丈夫ねえ」とおっしゃる方もいれば「すぐに穴があいた」とおっしゃる方もいらっしゃいます。特に5本指靴下は左右が入れ替えられず、同じところに負荷が掛かるので、注意が必要です。すぐに穴が空くという方は次のことを見直してみてください。

爪のお手入れをこまめにする
親指の爪が伸びていると特に指先に負荷がかかり、穴があきやすくなります。

靴のサイズを見直す
靴のサイズが合っていないと靴下に負荷をかけます。靴が小さいと指先が靴に擦れて穴あきの原因になります。

立ち方/歩き方を見直す
右足ばかりがすぐダメになる、指の付け根がすぐダメになるなどは立ち方/歩き方のバランスが崩れている場合がございます。特に5本指靴下はそれらを知るバロメーターにもなります。実際、筆者も歩き方を見直すと、靴下が破けにくくなったばかりか、ひざの痛みも解消しました。

カーテンのお手入れ方法

・日常のメンテナンスとしては、シワが出てきたら、霧吹きするだけでシワが取れます。その際にカーテンの折り目を付け直すのもよいですし、ナチュラル なままにする方も多いです。
・カーテンのお洗濯は大変面倒ですが、ささ和紙カーテンに関しては、生地に毛羽がなく静電気も起こさないので、ほとんどほこりが付きません。 通常の使用では、お洗濯不要のメンテナンスフリーです(天然素材のため、日焼けや黄ばみを起こしますが、これはお洗濯しても取れません)。

より長くご愛用いただく為に

ご愛用の商品を長くご使用いただく為に、それぞれ商品のケアラベルやお手入れの方法をご確認ください。
正しい方法で、お手入れすることで、より長く、気持ちのよい状態でお使いいただけることと思います。